News

雑誌「なnD」6号に七里監督のインタビューが掲載されています。

『あなたはわたしじゃない』の宣伝デザインを担当された戸塚泰雄さんが発行されている雑誌、 「なnD」6号(2018年4月10日発売)に七里監督のインタビューが掲載されています。 「音から作る映画」シリーズの行方について、ぜ […] 続きを読む

黒田育世さんのダンス公演に、七里監督が応援メッセージを送りました。

黒田育世さんは、国内外で最も高い評価を得ているコンテンポラリー・ダンサーの一人であり振付家。 七里監督の最新作『あなたはわたしじゃない』にも出演し、異彩を放っています。 その黒田さん率いるダンス・カンパニー「BATIK」 […] 続きを読む

奈良の芸術祭で『入院患者たち』をインスタレーションします。

今年で7年目を迎える奈良・町屋の芸術祭はならぁと。 その宇陀松山エリアで開催される「はならぁと こあ」のキュレーターを、 アクースモニウム上映で七里監督と連携する檜垣智也さんら(音楽家集団hirvi/代表:檜垣智也) が […] 続きを読む

山形国際ドキュメンタリー映画祭で『アナザサイド サロメの娘 remix』と『DUBHOUSE』が上映されます。

七里監督が山形国際ドキュメンタリー映画祭2017のインターナショナル・コンペティションで審査員を務めることになり、審査員の作品として2作品がプログラムされました。 審査員紹介ページ https://www.yidff.j […] 続きを読む

松本圭二セレクションが刊行され、七里監督が栞に寄稿しています。

七里監督がかねてから敬愛する、詩人でフィルム・アーキビストでもある 松本圭二氏の作品集(全9巻)が発刊されました。 第一回配本3冊のうち、第8巻(小説2)『さらばボヘミアン』に挟まる栞に、 七里監督が松本氏とのこれまでを […] 続きを読む

映画保存協会のワークショップにゲスト参加します。

8月25日~27日に開催される、第12回「映画の復元と保存に関するワークショップ」 (主催:「映画の保存と復元に関するワークショップ」実行委員会 http://filmpres.org/ )に 七里監督がゲスト講師として […] 続きを読む

山川冬樹さんと七里監督による『音から作る映画のパフォーマンス』プレイベント『声なる方へ』がvacantにて開催されます。

2017年2月4日(土)、ホーメイ歌手で現代美術作家の山川冬樹さんと七里監督が、 vacantにて初トークイベントを行ないます。 イベントタイトルは、『声なる方へ』。 「声」を扱う表現者という共通点を持つ2人が、声をどの […] 続きを読む

2月13日(土)三野新「Prepared for FILM」再演のアフタートークに、七里監督が登壇します。

クリス・マルケルを取り上げた連続講座第三期初回(2015年9月21日)にも登壇された三野新さんが構成・演出する、「Prepared for FILM」再演のアフター・トークに七里監督が登壇します。 詳細は、こちらから。 […] 続きを読む

七里監督のコメントがJESM電子音楽カレンダー今月のピックアップに掲載されてます。

七里監督の京都芸術センターにて開催される「檜垣智也 アクースマティック作品による 音の個展」に寄せたコメントが、 JESM電子音楽カレンダー今月のピックアップに掲載されてます。 http://jsem.sakura.ne […] 続きを読む

11月29日(日)新潟シネ・ウインドで七里監督の特集上映があります。

新潟二度目のアンコール上映『眠り姫』をはじめ、初上映の『DUBHOUSE』『Aspen』『映画としての音楽』という超アートなプログラム。 なかでも、『映画としての音楽』は新潟の厳しい冬の海を撮影した作品で、数年ぶりの里帰 […] 続きを読む

「映画芸術453号 追悼 沖島勲」絶賛発売中です。

座談会には七里監督も参加しています。 在りし日を偲びながら、やっぱり沖島監督が亡くなったとは信じてないようです。 「1万年後で続編を撮るために、阿藤さんを呼び寄せたのかもしれない…」。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 […] 続きを読む

映画『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』のトークイベントに七里監督が登壇します。

小谷忠典監督の映画『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』のトークイベントに七里監督が登壇します。 同映画は、写真家の石内都が死後50年を経て公開されたフリーダ・カーロの遺品をメキシコの生家で撮影する過程に密着し […] 続きを読む

1 / 212