Japanese

News

8/19 『ホッテントットエプロン-スケッチ』上映+トークが吉祥寺美術学院にてあります。

Category:

05+-f

「以外、以前、中枢」スタート記念!
『「音から作る映画」以外で、以前の、中枢を考える』

七里監督が近作を中心に自作を語るトーク・イベント「以外、以前、中枢」で、
番外編として、久しぶりに『ホッテントットエプロン-スケッチ』を上映します。
『ホッテントットエプロン-スケッチ』は、
かつては『眠り姫』とともに再三アンコール上映やライブ上映が繰り返されたカルト作品。
今回の上映は、HDリマスター版のお披露目となります。
トークのお相手は、「以外、以前、中枢」シリーズでもお馴染みの桑野仁さん。
ライブ上映の資料映像やレア短編のおまけ上映もございます。
どなたでもご参加いただけますので初めての方もぜひお越しください!

『ホッテントットエプロン-スケッチ』(2006年/70分)
トーク:七里圭、桑野仁

8/19(日)
14:30〜17:30
参加費¥2500(4回割引¥8000)
会場:吉祥寺美術学院

 
桑野仁(映画批評・文筆業)
1965年生まれ。新作映画評や、BS/CS放映作品のデータ解説、
紹介記事、DVDのライナー解説などを執筆。
共著に、E/Mブックス・シリーズ『フィルム・ノワールの光と影』
『クリント・イーストウッド』(エスクァイア マガジン ジャパン)や、
『ロバート・アルドリッチ大全』(国書刊行会)など。


★吉祥寺美術学院8月の〈サンデー・トークイベント〉
 
partⅠ  8/5 下窪俊哉
partⅡ  8/12 福間健二×木村文洋
partⅢ   8/19 七里圭×桑野仁
partⅣ   8/26 秋山豊之

 
お申込は、こちら↓
サンデー・トークイベント予約申込から。

8/12、今泉浩一さん上映会で七里監督のレアVシネ作品上映+トークがあります。

Category:

BerlinDriftersPoster

ピンク映画のカルト俳優でゲイ・ポルノ監督としても世界的に活躍されている
今泉浩一さんが、8月2週目の週末に、新作を含む特集上映を催します。

その二日目の8/12(日)は、数ある出演作からゆかりの監督作品の厳選プログラム。

佐野和宏、佐藤寿保、渡辺護監督の作品とともに、
七里監督が1990年代末に監督した
超レアなエロスVシネマ『独房X』が上映され、
アップリンクの元プログラマー藤井裕子さんとのトークもあります。

当日は、各監督や出演者の方々に加え、
足立正生さん、ガイラさん、井川耕一郎さん、林田義行さんなど
豪華なゲストが登壇するアフター・トークが盛り沢山!

20世紀末のピンク映画から21世紀のゲイポルノ・シーンまでを、
今泉さんが極私的に俯瞰するまたとない機会。
ぜひご参加ください。


8月11(土) 12(日)
『伯林漂流(Berlin Drifters)』国内初上映&関連企画上映
今泉浩一 生前追悼上映会

会場:Galaxy – Gingakei(渋谷区神宮前5-27-7-B1)
(プログラム詳細は、公式HPを御覧下さい)

『独房X』
★8月12(日)18:40~19:51
上映後トーク:七里圭、藤井裕子(聞き手)


『独房X』(1998年/70分/VTR)
監督・脚本/七里圭
脚本/水上清資
撮影/高橋哲也
音楽/侘美秀俊
出演/藤崎彩花 桃井マキ 小川真実 今泉浩一 佐野和宏

『羊たちの沈黙』のようなポルノを、と依頼されながら、カフカを意識して作ったと
いうエロスVシネ。尋問する側がいつの間にか尋問される側になるパラドックスに満
ちた展開は、「自己の中の他者」を映し出す鏡としての他者、という七里のお馴染み
の主題でもある。七里作品の伴走者、高橋哲也をカメラマンとして初起用。

※2012年の特集上映以来の上映です。 http://www.nemurihime.info/nonki-kei/

7/27、アテネ・フランセ文化センターにて『モアナ』講座で七里監督の短編デビュー作『夢で逢えたら』を35㎜フィルムで上映します

Category:

a41e70953e60d73d44e5577eac62761a-660x390

ドキュメンタリーという言葉の始まりの映画『モアナ』(監督:ロバート&フランシス・フラハティ)が、
9月に岩波ホールでサウンド版として100年の時を越えて劇場初公開されます。

これを記念してアテネ・フランセ文化センターで催される公開講座の第三回に、
七里監督がゲスト登壇します。

また、参考作品として、
滅多に観ることのできない短編デビュー作『夢で逢えたら』を35㎜フィルム上映。

七里監督が「この映画でできたことと、できなかったことが、僕のすべて」
と言うこの作品をなぜ上映するのか?
それは、講座の中で明かされます。
どうぞご期待ください!


『モアナ~南海の歓喜』公開記念
公開講座:ロバート・フラハティとドキュメンタリーの変容
第3回 7月27日(金)

▷「あの島の調べ」を具象化する —『モアナ』サウンド版の制作背景
開演:19:00
会場:アテネ・フランセ文化センター

講義:森田典子(映像史研究者)
特別ゲスト:七里圭(映画監督)

参考上映(抜粋):
『モアナ(サイレント版)』(1926)監督:ロバート・フラハティ
『アラン』(1934)監督:ロバート・フラハティ

特別上映(全編):
『夢で逢えたら』2001年(20分)監督:七里圭

7/22吉祥寺美術学院にて「以前、以内、中枢」第三回開催!

Category:

スクリーンショット 2018-07-03 13.37.41

「以外、以前、中枢」の第三回開催!
夏真っ盛りの7/22、あついトークになりそうな予感…!
ご好評につき、すでに多数ご予約いただいてますが、追加で受け入れしております。
ピンと来た方はぜひお越しくださいませ。

★下記のアドレスからご予約いただけます。
http://shizukichi-art.com/smarts/index/108/


「以外、以前、中枢」第三回
七里圭、近作を中心に、自作を語る
インタビュアー:桑野仁(映画批評・文筆業)

今回は、「サロメの娘」の最初のライブ、両国でのアクースモニウム上映について
詳述しようと思います。が、そもそもの始まりは『眠り姫』だった!
で、電子音楽のマニアックな演奏ツール、通称「アクスモ」って何?
それで映画を上映するとどうなるの?なぜそんなこと考えたの?
映画を空間に拡張する独自の技法、「多層プロダクション」についてもちらりと
当時の貴重な記録映像とともに、「ああ、あの頃いろいろ考えたんだよなぁ〜」と、
思い出ぽろぽろ、平たく語ります。

参考上映する記録映像(予定)
2013年『眠り姫』アクースモニウム上映初演
2014年再演
2014年『To the light2.2』ライブ上映
2015年『サロメの娘』アクースモニウム上映初演
etc…

桑野仁(映画批評・文筆業)
1965年生まれ。
新作映画評や、BS/CS放映作品のデータ解説、紹介記事、DVDのライナー解説などを執筆。
共著に、E/Mブックス・シリーズ『フィルム・ノワールの光と影』『クリント・イーストウッド』
(エスクァイア マガジン ジャパン)や、『ロバート・アルドリッチ大全』(国書刊行会)など。

日時:2018年7月22日(日)
open/15:00
start/15:30
会費:¥1500

場所:吉祥寺美術学院(綜合デザイン研究所)
武蔵野市中町3-23-13ロイヤルヒルズB1

7/14から下関シネマクロールにて、七里圭監督「映画特集」始まります!

Category:

DSC00273

七里監督関西ツアーが終わりまして、次は山口県・下関シネマクロールさんでの上映です!
ラインナップは『あなたはわたしじゃない』に加え、「サロメの娘」シリーズ、そして『眠り姫』。
初日と二日目は七里監督のトークイベントもございます。
お近くの方はぜひおいでくださいませ!

★上映後、七里圭監督トークイベントあり!
7/14(土)20:00の回
7/15(日)11:00の回

下関シネマクロール

14(土)
11:00 『あなたはわたしじゃない』
14:00 『Music as film』
17:00 『アナザサイド サロメの娘remix』
20:00 『あなたはわたしじゃない』

15(日)
11:00 『アナザサイド サロメの娘in progress』
14:00 『アナザサイド サロメの娘remix』
17:00 『あなたはわたしじゃない』
20:00 『眠り姫/サラウンドリマスター版』

16(月)、18(水)、20(金)
11:00 『眠り姫/サラウンドリマスター版』
14:00 『あなたはわたしじゃない』
17:00 『眠り姫/サラウンドリマスター版』
20:00 『あなたはわたしじゃない』

17(土)、19(火)
11:00 『あなたはわたしじゃない』
14:00 『眠り姫/サラウンドリマスター版』
17:00 『あなたはわたしじゃない』
20:00 『眠り姫/サラウンドリマスター版』

1 / 2612345...1020...最後 »