Japanese

News

10月30日、『闇の中の眠り姫』サラウンド上映と『時を駆ける症状』の上映と、連続講座『闇と視覚とVR(ヴァーチャル・リアリティ)』を開催します。

Category:

チラシ表

映画から、いっさいの光を取り去ったら、いったい何が現れるのだろう?
人の姿を映さず、濃密な人の気配だけを表現した異色作『眠り姫』のサウンドトラックを、
深い深い暗闇の中でひたすら浴び続ける伝説のイベントが、
5.1chサラウンドにリマスターした圧倒的な音響で再降臨。
今年6月京都で好評を博した「闇の中の眠り姫サラウンド」の東京初上演です。
これは、視覚を超えた映画体験!

上演後のアフタートークは、連続講座「映画以内、映画以後、映画辺境」の特別編。
タイトルは、「闇と視覚とVR(ヴァーチャル・リアリティ)」。
映画の領域を拡張し浸食する最新の視覚表現技術について、人間工学の気鋭の研究者をお迎えし、
イメージとは何か、表現のラジカルについて問い直します。
また、七里監督が高校生時代に撮った幻のデビュー作『時を駆ける症状』(1984)も特別上映。
今回の『時を駆ける症状』の上映には特別な意味があるそうです。

会場:UPLINK FACTORY
10月30日(月)19:15開場 19:30開演
一般¥1,800円 / UPLINK会員¥1,500
チケット予約はこちらから!

http://www.uplink.co.jp/event/2017/48977

tokiwo

特別上映:『時を駆ける症状』(1984年/24分/8㎜→デジタル上映)
16歳で撮った正真正銘の処女作。第8回PFFに入選し大島渚に激賞された。突然、人間の体が点滅を始め、それが段々早くなり消滅する奇病が全国に蔓延。対策として踏み台昇降運動が奨励される。自己の存在の意味と没個性社会への問いかけが、踏み台を昇降する機械的な運動のリフレインによって描かれる。

トーク・ゲスト:河合隆史(人間工学・早稲田大学理工学術院教授)
人間工学を専門として、立体視映像(3D)やバーチャルリアリティ(VR)、超高精細映像(UHD)など、ヒトと先進映像システムのインタラクションに関する研究に従事。生体計測を中心とした評価研究に加え、その知見や手法を活用したコンテンツ制作やシステム設計などにも取り組んでいる。スーパーバイザなどの立場で制作に参加した3D映画に、「Moomins and the Comet Chase(フィンランド,2010年公開)」、「映画 怪物くん(日本,2011年公開)」、「STAND BY ME ドラえもん(日本,2014年公開)」ほか。

奈良の芸術祭で『入院患者たち』をインスタレーションします。

Category:

20170909 014

今年で7年目を迎える奈良・町屋の芸術祭はならぁと。
その宇陀松山エリアで開催される「はならぁと こあ」のキュレーターを、
アクースモニウム上映で七里監督と連携する檜垣智也さんら(音楽家集団hirvi/代表:檜垣智也)
が務めることになり、同地でインスタレーションすることになりました。

『入院患者たち』は、2016年1月に京都市芸術センターで開催された檜垣さんの個展
で発表したマルチ・プロジェクションの作品。

http://bit.ly/2ieusDz

これを、100年以上前に建てられた芝居小屋であり、映画館としてもにぎわった喜楽
座(昭和39年閉館)の木造廃屋に投影します。

しかも、新たに現地で撮影した映像を交えるニュー・ヴァージョン。

「世界を捉える四角い枠組みは、今も正しさを装いそこにあるのだけれど、それはす
でにスクエアとは言えないほどに歪んでしまっている。私たちが生きているこの世界
はどこへ流れてゆくのでしょう?(七里圭)」
(2016年「檜垣智也アクースマティック作品による音の個展」公演プログラムより)

またオープニング・イベントでは、『アナザサイド サロメの娘 remix』を同会場
に5面上映するという最狂の試みも行い、檜垣さんと七里監督のアフター・トークも
あります。関西在住の方は、ぜひ足をお運び下さい。

はならぁと こあ
開催日程 : 2017年10月21日(土)- 10月29日(日)
開催時間 : 10:00-16:00 入場無料
http://hanarart.jp/2017/about_core

『入院患者たち 宇陀version』
詩、音、映像によるインスタレーション(約15分)

詩:松井茂 山本一彰
音楽:檜垣智也
監督・撮影:七里圭
撮影:高橋哲也 村上拓也 
写真:豊嶋希沙
体操考案・出演:神村恵 
体操コンセプト・出演:山形育弘

出演:足立靖明 鵜飼友美 宇波拓 岡啓輔 菊地敦子 北川裕介 黒川幸則 小林
耕平 澤田太衛 鈴木啓士朗 関浪彩可 田中真琴 手塚真生 外島貴幸 中村佳子
 中村ゆい 根本悠太 原牧生 福田桃加 八ツ田裕美 三鶴泰正 山川宗則 山口
美衣奈

協力:末永賢 栗原亮 西嶋憲生 田中誠一 唐津正樹 松野泉

このイベントとはあまり関係ありませんが、日記も更新しています。
http://www.nemurihime.info/CONTENTS/diary.php

山形国際ドキュメンタリー映画祭で『アナザサイド サロメの娘 remix』と『DUBHOUSE』が上映されます。

Category:

YIDFF2017

七里監督が山形国際ドキュメンタリー映画祭2017のインターナショナル・コンペティションで審査員を務めることになり、審査員の作品として2作品がプログラムされました。
審査員紹介ページ
https://www.yidff.jp/2017/program/17p1-2.html

日時:10月11日(水)10:00-11:50
会場:山形市中央公民館大ホール(6F)
https://www.yidff.jp/2017/schedule/17s11.html

『remix』については英語字幕版の初披露。
また、『DUBHOUSE』は311ドキュメンタリーフィルムにアーカイヴされたニュープリントでの上映となります。
上映日は映画祭の実質的な最終日、各賞が発表される表彰式前に同会場で行われます
午前10時とちょっと早い時間からですが、映画祭においでの方はぜひ御高覧下さい。

公式カタログに、七里監督が以下のメッセージを寄せています。

誰もが動画を記録し、手軽に映像を扱えるようになった今、世の中の嗜好や指向は「私たちの映画」に向かっているように思う。決して、孤高の作品や突き抜けた表現が力を失ったわけではないけれど、恐竜時代の感性だけではいられない。例えば、親密さについて、よりナーヴァスであることが大切なのかもしれない。もちろん「私たち」という気持ちは必要だし、好ましくないことではないけれど、そこに他者はいるのか、外部はあるのかと問い直すことを忘れてはならないと思う。それでいいのか?と。これでいいのだという共感に対して、できるだけ用心深くいたいし、時には異物でありたい。
映画は現実とどのように切り結ぶことができるのか?
映像で世界を、人を、記録し記述することの「のっぴきならなさ」について、僕はまだまだよく知らないし、自覚が足りない。そのことに改めて深く気付かせてくれる映画と出会いたい。審査員としての指針があるとすれば、ただそれだけです。だからたぶん、僕は山形の会期中、ドキュメンタリーの大海に翻弄されて、めためたになってしまうのでしょう。

関連して日記も更新しています。
http://www.nemurihime.info/CONTENTS/diary.php

松本圭二セレクションが刊行され、七里監督が栞に寄稿しています。

Category:

20170906 001

七里監督がかねてから敬愛する、詩人でフィルム・アーキビストでもある
松本圭二氏の作品集(全9巻)が発刊されました。
第一回配本3冊のうち、第8巻(小説2)『さらばボヘミアン』に挟まる栞に、
七里監督が松本氏とのこれまでを振り返るエッセイが掲載されています。
ぜひお手に取ってみてください。

航思社(2017年9月7日発売)
http://www.koshisha.co.jp/pub/archives/669

関連して、日記も更新しています。
http://www.nemurihime.info/CONTENTS/diary.php

映画保存協会のワークショップにゲスト参加します。

Category:

ttl3.0

8月25日~27日に開催される、第12回「映画の復元と保存に関するワークショップ」
(主催:「映画の保存と復元に関するワークショップ」実行委員会 http://filmpres.org/ )に
七里監督がゲスト講師として参加することになりました。
このイベントに際して、35㎜フィルム短編作品「To the light 3.0」を新作。
最終日の上映会では、8㎜フィルムを素材に用いたデジタル作品
「To the light 1.0」(http://keishichiri.com/jp/film/to-the-light/ )とともに上映されます。
残念ながら、ワークショップの参加者募集はすでに終了していますが、
新作短編はいずれ改めて発表の機会を考えています。
ご期待ください!

詳細はこちら
http://filmpres.org/wp2/wp-content/uploads/2017/07/ws2017_flyer.pdf

1 / 2212345...1020...最後 »