Japanese

News

11/17、岡山映画祭で『眠り姫』、関連企画で『あなたはわたしじゃない』が上映されます。

Category:

off_main

隔年で開催されている岡山映画祭2018のテーマは、「多様性可能性」。
意欲的なプログラムの中で『眠り姫』、
関連企画で『あなたはわたしじゃない』が上映されます。

七里監督作品は、岡山初上映。
監督のアフター・トークでは、ダンサーの平井優子さんとの対談や、
短編作品のおまけ上映なども予定されています。
お近くの方は、ぜひご参加ください!

岡山映画祭
http://d-mc.ne.jp/off/


岡山映画祭2018 『眠り姫』
2018年11月17日(土)14:30~

岡山市オリエント美術館地下講堂 岡山市北区天神町9-31
上映後、七里圭監督トークあり

〈チケット〉
前売り・予約:1000円
当日:1300円

〈予約・連絡先〉
岡山映画祭事務局(担当:吉富|映画の冒険)
Tel/Fax:086-252-7606
E-mail:yoshitomi@mx3.tiki.ne.jp


岡山映画祭2018関連企画・『あなたはわたしじゃない』上映会 
2018年11月17日(土)19:00〜

cafe moyau 岡山市北区出石町1−10−2
上映後、七里圭監督と平井優子(ダンサー)さんとの対談があります

〈チケット〉
当日一般:1300円
前売り、岡山映画祭2018半券提示:1000円
★席は30席程度。満席の場合、入場をお断りすることがあります

〈予約・連絡先〉
E-mail:sojauniversity@gmail.com

10/14『あなたはわたしじゃない』の東京上映、パリでは『入院患者たち』がアクースモニウムで上演されます。

Category:

DmyGwBuUYAA4BKO

山形国際ドキュメンタリー映画祭の翌年に開催される、
ドキュメンタリー・ドリーム・ショー。
昨年の審査員を務めた七里監督は、
『あなたはわたしじゃない』がプログラムされました。
今回は英語字幕版の初披露。会場は新宿ケイズシネマ。
久々の東京上映、トーク付きです。

日時:10月14日(日)21:00開映
会場:新宿ケイズシネマ

『あなたはわたしじゃない』(2018/83分)
ドキュメンタリー・ドリーム・ショー

20170909 014

またパリでは、6月に完成したばかりの映画版『入院患者たち』が
アクースモニウムで上演されます。
CONCERT CYCLE EXPERIENCES DU SON
(音の実験シリーズコンサート)と題された催し。
四回目となる今回は、器楽音楽とミュジック・コンクレートの探求が、
音響や空間へどのように影響を及ぼしたかを考察するプログラムになる模様です。

日時:Mardi 9 octobre, 20h00 / 10月9日(火)20:00開演
会場:Mairie du 2e arrondissement de Paris / パリ第二区区役所
(8 rue de la Banque 75002 Paris)

映画版『入院患者たち』(2018年/15分)
CONCERT CYCLE EXPERIENCES DU SON
主催: Motus

出演: Kumi Iwase / 岩瀬久美(サックス、クラリネット)
Hugues Vincent / ユーグ・ヴァンサン(チェロ)
Guillaume Contré / ギョーム・コントレ(アクースモニウム)

8/24 クラムボンPV『Aspen』の未公開版(一本道編)が上映されます

Category:

Aspen_straight_main

高円寺アンノウンシアターで催される
オムニバス上映会「ミニマル映画ゲマインシャフト」で、
七里監督のクラムボンPV『Aspen』(ダンス:黒田育世)が久々に上映されます。

『Aspen』には、ネット等でも流れている「白樺編」以外に、
もう一つのヴァージョン「一本道編」があり、上映会限定で公開されてきました。

この2ヴァージョン上映後のトークでは、七里監督が決定的なショットを撮った
「一本道編」がなぜ採用されなかったか、その理由も語られるかも。

その後の『サロメの娘』シリーズに繋がる、
黒田育世さんとの最初のコラボレーションの傑作をぜひご高覧ください。


『ミニマル映画ゲマインシャフト』
8/24(金) OPEN/19:00 START/19:30

料金:1500円or1800円(ワンドリンク付き)
学割1000円(学生証をご提示ください)
会場:高円寺アンノウンシアター

プログラムの詳細はこちらをご覧ください。


Aspen

『Aspen(「一本道編」+「白樺編」)』
(2010/7+7min/HD)

ダンス/黒田育世 音楽/クラムボン
撮影/七里圭 高橋哲也 カラー/牧野貴

8/19 『ホッテントットエプロン-スケッチ』上映+トークが吉祥寺美術学院にてあります。

Category:

05+-f

「以外、以前、中枢」スタート記念!
『「音から作る映画」以外で、以前の、中枢を考える』

七里監督が近作を中心に自作を語るトーク・イベント「以外、以前、中枢」で、
番外編として、久しぶりに『ホッテントットエプロン-スケッチ』を上映します。
『ホッテントットエプロン-スケッチ』は、
かつては『眠り姫』とともに再三アンコール上映やライブ上映が繰り返されたカルト作品。
今回の上映は、HDリマスター版のお披露目となります。
トークのお相手は、「以外、以前、中枢」シリーズでもお馴染みの桑野仁さん。
ライブ上映の資料映像やレア短編のおまけ上映もございます。
どなたでもご参加いただけますので初めての方もぜひお越しください!

『ホッテントットエプロン-スケッチ』(2006年/70分)
トーク:七里圭、桑野仁

8/19(日)
14:30〜17:30
参加費¥2500(4回割引¥8000)
会場:吉祥寺美術学院

 
桑野仁(映画批評・文筆業)
1965年生まれ。新作映画評や、BS/CS放映作品のデータ解説、
紹介記事、DVDのライナー解説などを執筆。
共著に、E/Mブックス・シリーズ『フィルム・ノワールの光と影』
『クリント・イーストウッド』(エスクァイア マガジン ジャパン)や、
『ロバート・アルドリッチ大全』(国書刊行会)など。


★吉祥寺美術学院8月の〈サンデー・トークイベント〉
 
partⅠ  8/5 下窪俊哉
partⅡ  8/12 福間健二×木村文洋
partⅢ   8/19 七里圭×桑野仁
partⅣ   8/26 秋山豊之

 
お申込は、こちら↓
サンデー・トークイベント予約申込から。

8/12、今泉浩一さん上映会で七里監督のレアVシネ作品上映+トークがあります。

Category:

BerlinDriftersPoster

ピンク映画のカルト俳優でゲイ・ポルノ監督としても世界的に活躍されている
今泉浩一さんが、8月2週目の週末に、新作を含む特集上映を催します。

その二日目の8/12(日)は、数ある出演作からゆかりの監督作品の厳選プログラム。

佐野和宏、佐藤寿保、渡辺護監督の作品とともに、
七里監督が1990年代末に監督した
超レアなエロスVシネマ『独房X』が上映され、
アップリンクの元プログラマー藤井裕子さんとのトークもあります。

当日は、各監督や出演者の方々に加え、
足立正生さん、ガイラさん、井川耕一郎さん、林田義行さんなど
豪華なゲストが登壇するアフター・トークが盛り沢山!

20世紀末のピンク映画から21世紀のゲイポルノ・シーンまでを、
今泉さんが極私的に俯瞰するまたとない機会。
ぜひご参加ください。


8月11(土) 12(日)
『伯林漂流(Berlin Drifters)』国内初上映&関連企画上映
今泉浩一 生前追悼上映会

会場:Galaxy – Gingakei(渋谷区神宮前5-27-7-B1)
(プログラム詳細は、公式HPを御覧下さい)

『独房X』
★8月12(日)18:40~19:51
上映後トーク:七里圭、藤井裕子(聞き手)


『独房X』(1998年/70分/VTR)
監督・脚本/七里圭
脚本/水上清資
撮影/高橋哲也
音楽/侘美秀俊
出演/藤崎彩花 桃井マキ 小川真実 今泉浩一 佐野和宏

『羊たちの沈黙』のようなポルノを、と依頼されながら、カフカを意識して作ったと
いうエロスVシネ。尋問する側がいつの間にか尋問される側になるパラドックスに満
ちた展開は、「自己の中の他者」を映し出す鏡としての他者、という七里のお馴染み
の主題でもある。七里作品の伴走者、高橋哲也をカメラマンとして初起用。

※2012年の特集上映以来の上映です。 http://www.nemurihime.info/nonki-kei/

1 / 2712345...1020...最後 »