Japanese

News

「映画芸術453号 追悼 沖島勲」絶賛発売中です。

Category:

453HP-TOBIRA-thumbnail2

座談会には七里監督も参加しています。
在りし日を偲びながら、やっぱり沖島監督が亡くなったとは信じてないようです。
「1万年後で続編を撮るために、阿藤さんを呼び寄せたのかもしれない…」。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

映画芸術453号「追悼 沖島勲」
寄稿:市原悦子、阿藤快、平野克己、絓秀実、小原治、足立正生、佐々木敦
|対談:芦澤明子×西山洋市|座談会:福間健二×秋山道男×外波山文明×高橋洋×七里圭×宇波拓×石山友美×荒井晴彦
|沖島柚里さんを囲んで:宇波拓×小原治×石山友美
http://eigageijutsu.com/article/428771868.html

オランダで『To the light 2.4』を滞在制作、発表します。

Category:

IMG_0753_knynk2015

11月7日から約2週間、七里監督が、映像作家の牧野貴、葉山玲、影アーチストの坂本宰と、オランダ・フリースランドで行われるKlanklânskippenに参加し滞在制作、現地の詩人や音楽家とのコラボレーションでライブ上映します。

フリースランドから参加するのは、Elmar Kuiper、Remco Kuiper、Grytsje Schaaf、Jan Kleefstra、Romke Kleefstra、Anne Chris Bakker、Christiaan Kuitwaardの4人の詩人・3人の音楽家から編成されるグループTsjinlûdです。
フリースランドの「言語・自然・風景」をテーマに作品を制作、それをオランダの各地で上映する試みです。
また、ロッテルダムでの公演では音楽家Rutger Zuydervelt (Machinefabriek)もグループに加わります。

七里監督は、『To the light 2.4』を制作する予定。
「48歳の武者修行、どうなることやら…」とのことです。

イベントスケジュール:
11月8日  Leeuwarden – Media Art Festival (in de Westerkerk)
11月10日 Amsterdam – OT301
11月11日 Leeuwarden – Noordelijk Filmfestival (in Neushoorn)
11月15日 Drachten – Theater De Lawei
11月17日 Nijmegen – Extrapool
11月18日  Rotterdam – De Player

イベントのサイト:
http://www.popfabryk.nl/project/klanklanskippen-
http://romkekleefstra.blogspot.nl/

ちなみにパフォーマンスのページに、今年2月に行われた『To the light 2.3』の様子をアップしました。

http://keishichiri.com/jp/performances/%E3%80%8Eto-the-light-2-3%E3%80%8F/

こちらも併せてご覧ください。

11月22日(日)開催の講座の予約が始まっております。

Category:

koza3_01

連続講座「映画以内、映画以後、映画辺境」vol.10
「映像アートとアート系映画の違いって何?」
登壇:生西康典(演出家)×三輪健仁(東京国立近代美術館主任研究員)×金子遊(批評家・映像作家)×七里圭(映画監督)
19:30開場 19:45開演

http://keishichiri.com/jp/events/eiga3rd/

おかげさまで、連続講座も第三期。今期はちょいと趣向を変えて、映像を扱う表現が映画だけではないことについて考えてみたいと思います。
例えば、美術館やギャラリーで展示上映される映像作品は、なぜアートなのか? 映画との垣根はあるのかどうなっているか?
美術家が映像を扱い始めた60~70年代に遡り、実験映画との微妙な棲み分けにも目配せしつつ、映画とアートの境界に踏み込みます。
さてさて。

「ドキュメント・音から作る映画」(2015年/50分)の特別上映もあります!
18:00開場 18:15開映

昨年から進行中のプロジェクト「音から作る映画」。謎のプロジェクトの全容を、監督自ら分りやすく紹介します(余計分かりにくくなるかも…)。貴重なライブの記録映像、メイキングやトークも満載! 見逃した方もこれを観れば完璧。『サロメの娘』アクースモニウム上映に至るまで二年分のパフォーマンスを網羅します。

予約はこちらから

http://www.uplink.co.jp/event/2015/40225

Performanceの項目にフランスで開催された『サロメの娘』の写真を追加しました。

Category:

FUTURA_1title
FUTURA_2

当HPのPerformanceの項目に、フランスの電子音楽の祭典・FUTURAで開催された、
サロメの娘『The screening “Salome’s daughter” by Acousmonium』の様子を追加しました。
ぜひご覧ください。
http://bit.ly/1JwWSyF

2015年9月21日、七里監督の新作ドキュメンタリー映画の初上映があります。

Category:

B
Ba6

2015年9月21日(祝日)UPLINKにて開催される連続講座第三期初回で、七里監督の新作ドキュメンタリーを初上映します!
「ドキュメント・音から作る映画」
(2015年/50分)監督・七里圭

昨年から進行中のプロジェクト「音から作る映画」。謎のプロジェクトの全容を、監督自ら分りやすく紹介します(余計分かりにくくなるかも…)。
貴重なライブの記録映像、メイキングやトークも満載! 見逃した方もこれを観れば完璧。『サロメの娘』アクースモニウム上映に至るまで二年分のパフォーマンスを網羅します。
収録ライブ上映↓
『眠り姫』アクースモニウム上映(2014年2月@川崎市アートセンター)
ライブ版『映画としての音楽』(2014年4月@アップリンク・ファクトリー)
『To the light2.2』ライブ上映(2014年11月@多摩美術大学)
『サロメの娘』アクースモニウム上映(2015年3月@両国門天ホール)

編集に3ヶ月以上を要した力作だそうです。ぜひこの機会にご覧ください!
こちらからチケットの予約ができます。
下記が初上映が開催される連続講座の詳細です↓

連続講座「映画以内、映画以後、映画辺境」第三期 @UPLINK
初回「静止したイメージは映画になるのか? あるいはクリス・マルケルはなぜ猫好きか?」
金子遊(批評家・映像作家)×三野新(写真家・演出家)×七里圭(映画監督)
開場:18時 開演:18時15分(※映画上映から始めます)料金:2000円

「写真(イメージ)+言葉/文字=シネマ」の定式とは? 覆面作家クリス・マルケル≒猫のギョームの真相に迫るロング・トーク。参考上映あり(マルケルのレア作品ばかり!)。
HP用

10 / 21« 先頭...89101112...20...最後 »