Japanese

News

黒田育世さんのダンス公演に、七里監督が応援メッセージを送りました。

Category:

anotherBatik
黒田育世さんは、国内外で最も高い評価を得ているコンテンポラリー・ダンサーの一人であり振付家。
七里監督の最新作『あなたはわたしじゃない』にも出演し、異彩を放っています。
その黒田さん率いるダンス・カンパニー「BATIK」の公演が、
今週末に世田谷パブリック・シアターであります。
演目の一つ、『波と暮らして』は七里監督が黒田さんに託した原作(オクタビオ・パス)です。
2015年に初演されて以来の上演に期待を込めて、監督がメッセージを送っています。

パスの『波と暮らして』を初めて読んだのは、まだ学生の時分、昭和のことだった。
感動がまさに波のように押し寄せ、これを映画にできたらと夢想した。
その一方で、この素晴らしさは、映画では表現しきれないかもと感じた。
すでにそのとき、波はダンサーが演ずるべきだと考えていた。
10年ほどして、まさにこの人だと確信する、踊り手が現れた。
『SHOKU』を観たときだった。
人見知りだった私には、しかし、アプローチする勇気も自信も、それ以上に映画を作る力もまだ無かった。
それから5年ほどして、育世さんに拙作を観ていただく機会が持てた。
『眠り姫』という映画だった。
でもそのときは、憧れの人と話ができ、感想をもらえたという喜び、幸せだけでいっぱいで、
それ以上はおこがましいと自重した。
それから5年ほどして、育世さんからの依頼で彼女の踊りを撮る機会に恵まれた。
クラムボンのPV『ASPEN』だった。そしてようやく、『波と暮らして』を渡すことができたのだ。
「これを踊りにして下さい」と。育世さんは、「感想など言えませんが、大事に読みますね」と仰った。
それからさらに5年して、唐突に返事が届いた。まったく前触れもなく。
しかも、すでに私たちは『サロメの娘』という長いプロジェクトを、御一緒し始めていた。
これが、私の側から描く、上演に至るまでの長い、長いサイドストーリーだ。
育世版「波と暮らして」は見ている方までフラフラになるほどの、情熱的な作品だった。
波と僕、二人のダンサーが持てる限りのパッションをぶつけ合い、交錯する。
ここに情愛の、人生の全てが詰まっていると思った。素晴らしきや!
http://batik.jp/

公演情報
2月2日(金) 19:00
3日(土) 15:00
4日(日) 15:00
会場:世田谷パブリックシアター
料金:A席 一般:5,000円
A席 学生:3,000円
B席 一般:4,000円
(全席指定・税込)

another BATIK 公演
「子どもたちの歌う声がきこえる」/「波と暮らして」

「子どもたちの歌う声がきこえる」
振付:佐多達枝
出演:黒田育世、伊佐千明、大江麻美子、大熊聡美、熊谷理沙、田中すみれ、政岡由衣子、
小出顕太郎(岩田バレエ団)、中弥智博(東京シティバレエ団)、牧村直紀(谷桃子バレエ団)
「波と暮らして」
演出:黒田育世
振付・出演: 柳本雅寛、黒田育世

【追加公演決定】予約完売していた朗読ライブ+映像インスタレーション『サロメの娘』の追加公演が決定しました。

Category:

salome-main1

予約完売していた、
朗読ライブ+映像インスタレーション『サロメの娘』の追加公演が決定いたしました。

以下追加です。
2月11日(日)15:30開演
チケット予約開始:1月31日(水)19:00より

◎詳細は以下のページからご確認ください。
http://scool.jp/event/20180209/

朗読ライブ+映像インスタレーション『サロメの娘』
~音から作る映画の美術的展開~
演出:七里圭
朗読出演:飴屋法水
音響:宇波拓

【予約開始】「映画以内、映画以後、映画辺境」の総括イベント。シンポジウムをUPLINKにて開催します

Category:

symposium_omote

2014年から通算20回以上を重ねる連続講座と、
並行して制作されてきた「音から作る映画」プロジェクトの
これまでを総括するツーナイトを開催します。
予約スタートしておりますので、ぜひ御覧ください。

詳細はこちら
予約はこちら

第一夜・2月18日(日)
「〈映画の未来〉は、もう問題ではないのか?」
デジタル化された映画は、昔の映画と同じものなのか?そんな懐疑はすでに過去のものなのか?反語的な問いかけで、今、映画がどこにあるか、どこへ行こうとしているかを考えるロング・トーク。先行してデジタル化した「写真」へも目配せします。

登壇:岡田秀則 金子遊 倉石信乃 廣瀬純 吉田広明 七里圭
※参加者全員に、講座4年間のまとめ冊子(総頁110P越え!)をプレゼント

第二夜・2月24日(土)
「〈音から作る映画〉は、何をしてきたのか?」
ある時は映画、ある時はパフォーマンス。さまざまな形に変容し増殖する謎のプロジェクト。それは「シネマの倒錯的再創造」か、「ポスト・ヒューマンな表現」か? 〈音から作る映画〉その可能性の中心について、これまでの上演記録など参考映像を見ながら話し合います。

登壇:佐々木敦 土居伸彰 宮沢章夫 七里圭

開演:18時 開場:17時50分
会場:UPLINK
料金:2000円

詳細・予約はこちらをクリック

【新作上演】2月9日、10日に朗読+映像で『サロメの娘』を上演します。

Category:

予告チラシ

追加公演決定!
2月11日(日)15:30開演
チケット予約開始:1月31日(水)19:00より

◎詳細は以下のページからご確認ください。
http://scool.jp/event/20180209/

「音から作る映画」のライブ・パフォーマンス最新作が2月9日、10日に上演されます。
3月公開される新作映画『あなたはわたしじゃない』
(出演:青柳いづみ 長宗我部陽子 黒田育世 安藤朋子 川口隆夫 他)
からのシーンもふんだんに取り入れた映像インスタレーションの中で、飴屋法水が朗読生出演。
舞台とも映画ともつかぬ劇空間をめぐらします。
会場は、三鷹SCOOL。
席に限りがありますので、お早めのご予約をお勧めします。
予約開始は、1月15日(月)19時より。
詳細は、SCOOLのHPをご覧下さい。
http://scool.jp/event/20180209/

朗読ライブ+映像インスタレーション『サロメの娘』
~音から作る映画の美術的展開~

朗読出演:飴屋法水
音響:宇波拓
演出:七里圭

○日時
2018年2月9日(金)10日(土)
19時30分開演(開場は30分前)

○会場・チケット
会場:SCOOL
予約:3000円(各回限定30名)
当日:3500円
チケット予約開始:2018年1月15(月)19時より
チケットに関するお問い合わせ:info@scool.jp

【急告!】本日より24日まで、ju-seiのライブを七里監督が視覚演出します。

Category:

DRkWw6GUIAIDD5t

三鷹SCOOLで12月22日から24日まで、ju seiのライブ「L’ECOLE DE NOEL」が催され、
七里監督が演出を担当します。
ju-seiは、映画『VILLAGE ON THE VILLAGE』に主演した田中淳一郎(のっぽのグーニー)と、
七里監督の「音から作る映画」シリーズにも参加しているseiの音楽ユニット。
今回のライブは、序盤の約10分間、演出上、途中入場ができませんので、
時間に余裕をもってかならず開演時刻前にお越しください!

12/22(金)20:00
12/23(土)15:00 / 19:00
12/24(日)15:00

料金 予約2,300円 当日2,800円(+1ドリンクオーダー)
会場 SCOOL(三鷹市下連雀 3-33-6三京ユニオンビル 5F)
※三鷹駅南口・中央通り直進3分、右手にある「おもちゃのふぢや」ビル5階
公式HP http://scool.jp/event/20171222/
お問合せ:SCOOL メール info@scool.jp

以下、七里監督のコメントです。

プロジェクターの光があんまり好きになれないのです。
何でもかんでもLEDに置き換えられていくけれど、
なんであんな白々くて薄っぺらい光をもてはやすのだろう?
経済?環境?誰かの陰謀?
映写機も駆逐されて、映画の光が変わってしまっていく中で、
声高にアゲインストを叫ぶ気もないのだけれど。
仕方がないから、それを使うしかないのだけれど。便利だしね。
でも、光にはもっと厚みがあって、温度や湿度があることを忘れたくない。
映画がどこから生まれたのかということを、考えていたいのです。

どうぞお見逃しなく!